2009年04月22日

母乳は素晴らしい飲み物

                   母乳は素晴らしい飲み物

赤ちゃんの病気を予防する母乳 …これ大事なこと…

蛋白質も量や成分がやはり牛乳と母乳とでは違うのです。カゼイン蛋白とホエー蛋白の割合が異なりま
す。 [牛乳4対1に対して母乳は1対1] 母乳のホエーに含まれる免疫グロブリン
牛乳にはほとんどありません。 牛乳中に存在した免疫グロブリンはやはり子牛用のものなのです。


母乳の免疫グロブリンは赤ちゃんの中で小児麻痺ウイルスや大腸菌などのさまざまな細菌などに対する免疫をつくるのです。ですから母乳は赤ちゃんの病気を予防する役目も果たし
大きくなってからもそのような細菌に打ち勝つ身体に成長するといっても過言ではありません。


またホエーのほうがカゼインより消化吸収しやすく母乳のほうが割合が多いのです。ホエーは壊れやすく熱にも弱くそしてホエーの中にはさらに熱に弱い酵素類も多いのです。
母乳を赤ちゃんに飲ませる時わざわざ殺菌して飲ませるお母さんはいないはずです。


母乳の糖質はビタミンをつくる

母乳の糖質も生乳と同じ乳糖と呼ばれる成分ですが、母乳の方が牛乳の1.6倍程です。乳糖は大腸内で乳酸菌の食料になり、特にその中のビフィダス菌は乳糖を食べることにより
ビタミンをつくってくれるのです。 このように人間の身体にはもともとビタミン類をつくる力がありこの力を生合成の能力と言います。【母乳の乳糖は生合成能力を助ける大きな要因】
母乳の乳糖は牛乳中の乳糖と同じ性質のものでなく、ビフィダス菌の発育促進因子としてオリゴ糖が多く含まれているので母乳中のビフィダス菌が多くなるのです。


このビフィダス菌がビタミンの生合成を行ったり大腸菌などの有害菌の増殖を抑えるのです。

粉ミルクや牛乳などで育てられた赤ちゃんには大なり小なり有害な大腸菌の割合が多く、またビタミンの生合成能力の欠けることが心配され大人になった時に身体に弊害が出る
恐れがあります。




posted by 夢の助 at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 牛乳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

 

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。