2010年03月29日

三寒四温

最近の天候は本当におかしいね。


野山に残雪があり雪の解けた草原にふきのとうが顔をだしていたのが今年の2月上旬でしたが、愈々厳

しい冬が過ぎ去り待ちに待った春の訪れを感じたのもほんの一瞬でしたネ。

P1000937.JPG


春一番も吹きこれから徐々に暖かくなると思ってた矢先突然猛吹雪にみまわれ真冬の再来を感じたり、

それでも鉛色した雲の隙間から太陽の光線を受けると洋服を一枚脱ぎたくなるような暖かさを実感したり

突然肌を切るような寒風が吹き荒れたり、歳がいくと気温の変化に中々対応が出来ませんね。

P1000957.JPG


道路の脇の草むらにつくしを発見しました。

春の訪れ.jpg

ふきのとうも、つくしも地表が寒くてもその時期が到来すると生き生きとした芽を吹き出すのですね。


昨年の暮れの異常なぐらいの夕焼けがなぜか恐怖感を感じてしまいます


P1000870.JPG


また内灘大橋(サンセットブリッジ)のかなたに沈む太陽を、普段なら神秘の世界、自然の美しさに感動

するのですが、これもまた異常なぐらい真っ赤で恐怖を感じるものでした


P1000943.JPG


河北潟の中にある用水路には鴨が冷たい水の中から丘に上がりわずかな陽光に冷えた身体を温めたり

田んぼには白鷺が獲物を求めて、まるで置物のように微動だしない姿でたたずんでいたりしているのを

見ると春はそこまで来ている感じがします。

P1000950.JPG



P1000952.JPG


P1000931.JPG

先日子牛が誕生しました。

子牛は季節を問わず誕生しますが、この子牛は我々が近づくと可愛らしい舌をチョロチョロ出します。

P1000919.JPG


そのしぐさが本当に可愛いですね。それも首をかしげてチョロチョロと・・・・・・・
posted by 夢の助 at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 春はまだかな? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

 

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。