2009年05月25日

カルシウムで健康な身体を

ひらめきバランスの取れた食事してますか?


健康を保持していく食事は栄養的に蛋白質、糖質、脂質、そしてビタミン、ミネ

ラル類をバランスよく摂取することが最も大切な事なのです。


すぐ “疲れた ” と座り込む
                                   
夜いつまでも寝付かれない

朝からあくびをしている

肩こりがひどい 
                                                血圧やコレステロール値が高い

虫歯が多い

近視で眼鏡を必要


と言った子供たちが増えているのは事実なことです。


子供たちには、よく食べ、よく運動をし、ぐっすり眠って健康な身体を獲得し

その上で学習に励み、是からの時代を担ってほしいものです。


又成長期の子供たちには・・・・・

カルシウムを一般の成人よりも多く必要としています。そこで良質な蛋白質

とカルシウムを有している牛乳をもう一本飲んで、バイタリティー豊かな、健康

な大人になって欲しいと願わずにはいられません。


骨格はお腹の中の赤ちゃんから・・・・・

母親からカルシウムをはじめとする栄養素を受け発育していきます。

骨格形成は、もちろん母体からのカルシウムが頼りです。

一般的には新生児の骨量は30グラムと言われてますが、これだけのカルシ

ウムが母体から胎児へ移行するのですから、母親はしっかりとカルシウムを

摂取する事が必要になります。

もちろんカルシウムは水溶性のものが一番吸収されるのは言うまでもありませ
 
ん。

お母さんは高蛋白、低エネルギー、そしてビタミン、ミネラル類のバランスの取

れた食事をすることをお勧めします。

昔は1kgに満たない未熟児は生きる事が難しかったが、現在では十分に育て

ることができます。

しかしこのような未熟児を母乳だけで育てているとクル病になるケースが多い

という問題が起きています。


クル病とは

カルシウムやリンが不足して、骨の基質はあっても石灰化しない状態を言いま

す。このような骨はビタミンDやカルシウム、あるいはリンの不足でおきます。

胎児の骨がつくられるのは28週過ぎてからで、生まれるまでの約3ヶ月間で

カルシウムとリンが大量に採り入れられ骨がつくられるのです。

この3ヶ月間、母体は胎児に毎日150mgのカルシウムと100mgのリンを能

動的に送り込んでいます。

3kgで出生する赤ちゃんの場合、骨をつくるのに約30gから50gのカルシウム

が必要とされるが、妊娠後期の3ヶ月間でこのうち約半分が蓄積されます。

この3ヶ月間を体内で過ごせずに生まれてしまうと、どうしてもカルシウムや

リン不足になります。

母乳には100m中約25mgのカルシウムが含まれていますが、未熟児は

せいぜい1日150m程度しか母乳を飲めないので、カルシウム量は37.5

r程度です。 胎児の場合に補給される事になる1日150mgには遠く及ばな

いのです。

これではカルシウムだけではなく、リン、ビタミンDなども不足してクル病にな

るのは当然と言えるでしょう。

最近のお母さん(母体)はカルシウム不足の問題が大きいのです。

1人生むと骨粗鬆症になると言われる程出産後骨粗鬆症が大きな問題になっ

ています。

日本の成人のカルシウム平均摂取量は所要量の600mgに及ばないのが現

状であるにもかかわらす、妊婦の所要量は1000mg、授乳婦は1100mgと

されています。

妊娠中は母体の骨を溶かしてでも胎児にカルシウムやリンを送り込み、また

母乳を与えていれば1日平均230mgのカルシウムが赤ちゃんにすることにな

り、妊娠中以上にカルシウムが必要となります。

人の身体は、カルシウムの働きによってはじめて健全な生命の営みを持ち続

ける事ができるのです。

女性は妊娠、出産、授乳のために、男性以上にカルシウムが必要なのは言う

までもないことです。

又閉経後にはホルモンの影響で急激に骨のカルシウムの量が減少し、骨折

しやすくなっていきます。

女性の一生は、カルシウムと共にあるといっても過言ではありません。

若いときからカルシウム豊富な牛乳、乳製品をしっかり摂って、健全な身体を

構成して元気なお子様に恵まれる事を願っています。



008.JPG
                  ひらめき私もしっかりミルク飲んでカルシウム不足にならないようしているのよ

1日のカルシウム所要量は成人では最低600mg、成長期で最もカルシウム

を必要とする13歳から14歳の男子では900mg、 10歳から14歳の女子は

700mg必要とされてます。

先進国の中でも日本人はカルシウム摂取量が少なく、 欧米では1000mgも

摂取しているのに対して日本人はほぼ半分の531mgと非常に少ないのです

日本人が欧米人に比べてカルシウムの摂取量が少ないのは、牛乳、乳製品

をあまり取らないのが原因だと思われます。

牛乳やチーズといった乳製品を摂っても肥満にはなりません。健康体を維持

していく上では不可欠な飲み物であり、食べ物です。

自分の身体に応じた食べ方をしましよう。


ひらめきひらめき 今日の一口健康メモ ひらめきひらめき

腸内細菌・・・・善玉菌と悪玉菌のバランスを取りましょう。
                腸内細菌の善玉菌である乳酸菌は増殖しないので毎日
         ヨーグルト等食べたら良いでしょう。 

045.JPG






posted by 夢の助 at 01:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

 

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。